敏感肌の美白 UVケアは夏場だけ?間違いだらけの美白・UVケア

紫外線の強い夏の太陽

敏感肌にとってつらい花粉症の時期が過ぎてだんだん暖かくなってくると次は紫外線によるつらい時期が来ます。

紫外線は春先から夏場多くなると言われていますね!?

暖かくなってくると巷では美白化粧品のCMが始まります。

紫外線が多くなる5月頃ですかね!?

CMではメラノサイトがメラニンを作るのを美白化粧品で抑制して、シミを作らないようにする。

そんな言葉が聞こえてきます。

すると、そろそろ私も紫外線対策と美白ケアをしないと・・・!

そう思って、敏感肌用の美白化粧品や美白のスキンケアを探し始めますよね。

では、それ意外の時期はどうでしょうか?

太陽の光は1年中降り注いでいますよね?

紫外線って夏場だけなの?

紫外線が強くなるのは5月~9月頃までというのはわかります。

じゃあそれ以外の時期は、肌は紫外線の影響を受けないのでしょうか?

例えば冬場は?

冬場の太陽に紫外線はないのでしょうか?

肌に影響がない程度の紫外線だから大丈夫!

そういうことなのでしょうか?

冬場は紫外線が弱くなるとはいえ、無くなるわけではないです。

例えば

紫外線が強い冬のスキー場

スキー場という特殊な場所だとはいえ、真冬の寒い時期に日焼けをしますよね。

これって結構な量の紫外線を浴びている証拠じゃないでしょうか?
ということは1年中紫外線を降り注いでいて、常に肌に紫外線が突き刺さっているのです。

メラノサイトは夏場だけ?

メラノサイトは紫外線の多い夏場だけ働いているって思ってますか?

実は肌内部では、1年中メラニンが作られているんです。

人の肌は良く出来たもので、紫外線が肌に到達するとエンドセリンなどの情報伝達物質がメラノサイトにメラニンを作るように指令を出すのです。

それは紫外線が肌に到達すれば、夏も冬も関係なくいつでもです。

メラノサイトがその情報を受け取れば、メラニンを作るんです。

夏でも冬でも関係なく
肌が強い人や普通肌の人は、それでも耐えられるかもしれません。

ですが、敏感肌の人にとっては少なくても紫外線が蓄積すれば負担も大きいのです。
そんな中で夏場は美白ケア・UVケアをする、冬場はしないというのはちょっと違うと思いませんか?

美白ケアの基本は予防!

紫外線が強い時期になったから美白化粧品を使おう。

今までそうしてたとしたら、5月ぐらいから美白ケアを初めて9月いっぱいか10月まで美白ケアUVケアをする、というのがいいところじゃないですか?

それだと美白化粧品などでUVケアをしてるのは4~5ヶ月間だけ。

残りの8ヶ月は紫外線を浴びてても、美白ケアもUVケアもしていないことになりますよね。

どうでしょうか?

それでシミやシワを無くすことが出来るでしょうか?

衝撃の隠れシミ画像

最近は世界一受けたい授業などでも話題になっている隠れシミ。

特殊のUVカメラなどの特殊な装置で見ると、すごく美白の人でも隠れシミは無数にあった衝撃の画像を観た方も多いと思います。

このように、夏場だけ美白ケア・UVケアをしているだけだと、隠れシミが増えてしまいます。

出来てしまったシミを美白化粧品で薄くしていくのも良いのですが、出来れば出来る前に何とかしたいものです。

美白は予防が大事

日焼けをしたから美白ケアをしよう。

ではなく

常に美白ケア・UVケアをする!が正解。
紫外線は1年中降り注いでいることだし、夏場ほどしっかりしたケアをしないでもいいので紫外線対策を常に頭に入れてスキンケアをするのが大事になってきます。

そこで今人気なのが、敏感肌でも安心して美白ケアが出来るディセンシアのサエル

5月になると必ず敏感肌用のスキンケアで上位に来る人気商品です。

ですが、最近ちょっと違うんですよ。

何が違うかというと・・・。

サエルは発売以来、5月くらいから売上が伸びていき6~7月にピークを迎え9月には下がる傾向があったのです。

ですが最近は、9月で売上が落ちず冬場の売上が伸びているそうです。

冬場でも美白ケア・UVケアを続ける人が増えたんだと思います。

また、サエルはアヤナスと同じディセンシアの製品です。なので保湿力もあるんです。

サエルホワイトニングローションクリアリストのクチコミにもありましたが、

私は敏感肌なんですが、冬でも問題なく潤っていいです。
口コミを見ると、サエルとアヤナスを使い分けている人がいますが、私はアヤナスのとろみよりサエルのサラサラ感が好きです。

という口コミもありました。

なので、1年を通して使える保湿力を持っているサエルは手放せない美白ケア化粧品ですね

サエルを最安値では公式通販!