敏感肌の紫外線対策には日焼け止めよりファンデが正解?

「普段どんな紫外線対策をしていますか?」と聞かれたら、大半の女性が「日焼け止めを使っている」と答えるほど、紫外線対策といえば、「日焼け止め」が一般的でしょう。確かに日焼け止めは正しく使うことで、紫外線を遮断してくれる便利なものではありますが、敏感肌の人にとっては、肌荒れが気になるのもまた事実…。特に皮膚の薄いお顔の肌は、紫外線対策をしっかりしたい部分にもかかわらず荒れやすく、悩んだ人も多いはず。そんな人には「紫外線散乱剤入のファンデーション」がおすすめ!実は、お顔の紫外線対策には「日焼け止め」よりも「ファンデーション」の方が効果があるんですよ!今回は、敏感肌の紫外線対策として優秀な「ファンデーション」について見ていきましょう。

ファンデーションに日焼け止め効果がある?

ファンデーションの方が日焼け止め効果がある、と言われてもいまいちピンときませんし、「日焼け止め」とわざわざうたっている方が、絶対的に紫外線対策にはいいに決まってる…と思う方も多いですよね。ファンデーションに日焼け止めの効果があるとは一体どういうことなのか、説明していきます!

まずは、「日焼け止め」自体について詳しく見ていきましょう!「日焼け止め」は、主に「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」と呼ばれるものを使って、紫外線によるお肌へのダメージを防いでいます。「紫外線散乱剤」は、紫外線をお肌の上で反射・「散乱」させることにより日焼けを防ぐものです。つまり、紫外線を肌表面で跳ね返して、紫外線が肌内部に侵入するのを妨げてくれるということですね。これに対して、「紫外線吸収剤」は、有機化合物の化学変化を利用しており、紫外線を「吸収」し、熱に変換させることで日焼けを防ぐものです。これらのおかげで、「日焼け止め」を塗ると紫外線の影響を出来るだけ受けずに済むというわけですね!

そして、このうちの「紫外線散乱剤」の主成分、「酸化亜鉛」や「酸化チタン」はファンデーションの色をつけるために使用されています。つまり、紫外線を跳ね返してくれる成分がすでにファンデーションの中には入っているというわけなんです!さらに、ファンデーションは日焼け止めよりも肌馴染みを良くするために、これらの物質をさらに細かくして配合しています。粒子が細かく、密度が高いほど跳ね返す力は強くなるため、ファンデーションの方が日焼け止めを塗るよりも紫外線対策にはもってこいというわけです!

 

紫外線対策にぴったりのファンデーションとは?

ファンデーションが、紫外線対策に非常に効果的であることは分かりましたが、一口にファンデーションといってもさまざまな種類がありますよね!パウダーファンデーション、フェイスパウダー、リキッドファンデーション、クリームタイプ等々、それぞれの種類のファンデーションの特性を理解しながら、自分に合った理想的なファンデーションを見つけていきましょう。

 

パウダーファンデーション・フェイスパウダー

粉体原料(顔料)を油性成分や界面活性剤などでコーティングし、圧縮して固形にしているファンデーションです。水分を含まないため、防腐剤や乳化剤などの添加物も比較的少なく、お肌への負担があまりありません。つけ心地が軽く、薄付きなのでカバー力はそこまで高くはありませんが、重ね塗りもしやすいので自分の好みに合わせて調整しやすいです。また、ブラシやパフなどを使ってつけるので、手も汚れずにムラなくしっかり塗ることが出来ます。外出先でも塗り直しやすく、持ち運びにも便利です。

 

リキッドファンデーション

油性成分が液状のファンデーションです。肌への密着度が高く、カバー力もあるため、気になる部分を綺麗に目立たなくしてくれます。多くの人が手軽さから、手で塗っているのですが、そうすると手も汚れるし、ムラも出来やすいですから、あまりおすすめ出来ません。パウダータイプ同様に、ブラシやスポンジなどを使って塗れば、均一に塗ることが出来ますし、量も必要最低限で済みます。

 

クリームファンデーション

油性成分がクリーム状のファンデーションです。リキッドタイプよりもカバー力は高く、さらに保湿力にも優れているため、比較的、化粧持ちしやすいです。ただ、少々ムラになりやすいので、リキッドタイプ同様、丁寧に塗ることが必要ですね。

 

種類別に見てきましたが、これらの中で最も紫外線対策が高いのは、「パウダーファンデーション・フェイスパウダー」です。日焼け止め効果が高いか否かということは、顔料の密度も関係しています。「リキッドやクリーム」は、水分を多く含んでおり、顔料の密度が低いため、日焼け止めの効果は時間とともに減少していきやすいのです。また、パウダータイプは、肌への負担も少なめなので、敏感肌の方にも安心して使って頂けます!

つまり、総合的に見てみると、敏感肌の方の紫外線対策には、「 パウダーファンデーション・フェイスパウダー」が最も適しているということになります!

しかしながら、パウダータイプではつけ心地が軽すぎる、もっとしっかりメイクアップしたい、という方も当然いらっしゃいますよね。そういう方は、リキッドやクリームをつけた上で、仕上げにささっとパウダーを重ねると崩れにくさも違いますし、日焼け止め効果も抜群でいいかもしれません!

 

紫外線対策にはお肌のキメも重要だった?

ファンデーションを塗るだけで、紫外線対策になる、とはいってもただ、自分に合ったものを塗れば完璧に日焼けを防ぐことが出来るかというと、そうではありません。ファンデーションの中にも配合されていると説明した「紫外線散乱剤」ですが、肌表面で反射・散乱させるため、お肌が出来るだけうるおっていて、平面の状態でこそ最も力を発揮します。イメージしてみても、分かると思いますが、反射板などもまっすぐな面に光を当てることで反射しますよね。お肌が荒れていて、凹凸がある状態では、上手く紫外線を反射出来ず、せっかくファンデーションを塗っていても、ダメージを受けやすくなってしまいます。

また、ファンデーションも日焼け止めと同じく、紫外線を100%完璧に遮断出来るだけではありません。そのため、気をつけているつもりでも、日々多少なりとも紫外線によるダメージを受けてしまいます。そのため、その傷ついてしまったお肌を保護し、回復を促してあげることもとても重要です。

すなわち、日焼け止めには限らず、ファンデーションでの紫外線対策をするにしても、お肌のコンディションを常に整えてあげることは、紫外線対策をする上で最も重要なことなのです!

 

これでばっちり?敏感肌の人のための紫外線対策(お肌のお手入れ編)

ここで、敏感肌の人がどのように日々のケアをしていけばいいのかということを一日の流れにそって例として一通りまとめてみます!

1洗顔をする

洗顔をする際は、洗顔料をよく泡立てて、ぬるま湯で洗います。ポイントは、ぬるま湯であるということ!冷たい水は、お肌の血流を滞らせ、熱いお湯はお肌の乾燥を招くことにつながってしまいます。すすぐときは、洗顔料で洗った時間の倍の時間すすぐようにします。こうすることで、洗顔料がお肌の上に残ってしまうことを防ぐことが出来ます。

 

2保湿をする

化粧水・乳液などで保湿をします。よく化粧水だけを塗って終わりの人がいますが、それだけではお肌の乾燥は防げません。お肌は、水分と油分のバランスが上手くとれていることで健やかに保たれています。化粧水は水分を、乳液は油分を補ってくれるものですので、最低限この2つを使うことが望ましいですね!

 

3化粧をする

紫外線対策の効果は、重ねればその分上がっていきますので、化粧をする際は、下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションとつけるのが一番の紫外線対策となります。下地は出来るだけ保湿力の高いものを選ぶとお肌へのダメージを最小減におさえることが出来ます。

 

4こまめに化粧直しをする

時間が経つにつれて、紫外線を反射する力は失われていきます。そのため、こまめにパウダーファンデーションを塗るなどの化粧を直しをすることで、効果が一定に保たれ、より日焼けしにくくなります。このとき、化粧をした上からでも使える霧吹き型の化粧水などで保湿してから塗るとさらに効果的です!

 

5化粧はしっかり落とす

化粧はしっかり落としてから眠るようにします。朝塗ったファンデーションは、日中、お肌の油分や空気中のゴミを結びつき、酸化してしまっています。そのため、万が一その化粧を落とさないで眠ってしまうとお肌に相当な負担となります。「使い古したぞうきんをお顔にのせて眠るのと一緒」などと言われているのもよく聞きますね。落とすときは、敏感肌の人にはクリームタイプやジェルタイプがおすすめです。化粧落としシートは、お肌をこすっていためてしまいますし、完全に落としきることが困難ですし、オイルはお肌に必要な水分・油分まで奪ってしまうことがあります。クリームやジェルであれば、クッション性がありお肌に優しく、化粧もきちんと落としてくれますので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

 

6 1洗顔と2保湿をしっかりとする

 

普段から必ず行っていることかもしれませんが、何気なく行うのではなく、いくつかのポイントに注意するだけで、お肌の状態が徐々に良くなっていきます。特別なことだけに力を入れるのではなく、日々のケアにこそこだわっていきたいものですね!

 

ファンデーションによる紫外線対策のまとめ

ここまで、敏感肌の人のためのファンデーションによる紫外線対策をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。日焼け止めの強すぎる影響に悩んでいた方も、これからはもっと身近な、今までも使っていたファンデーションだけでばっちり防ぐことが出来るので、安心ですよね!日々のお肌のお手入れにも気を配りながら、ファンデーションでしっかり紫外線対策をして、今よりもっと美しい美白肌を手に入れていってください!

それでもやはり敏感肌の人は焼けてしまう可能性がありますよね。そんなときに力になってくれるのがディセンシアのサエルです。
サエルのことが詳しく書かれているサイトがこちらです。
サエルの口コミは?値段の最安値は楽天?効果は?サエルを徹底検証!

サエルは敏感肌専門ブランドディセンシアの美白化粧品です。サエルで敏感肌の人でもサエルで、攻めの美白をしてみませんか?

 

乾燥肌の人がサエルなどの美白化粧品を選ぶときのポイント

乾燥肌の方が美白化粧品を選ぶときには、肌との相性をよく考えて選ぶ必要があります。

乾燥している肌は敏感肌の方と同じく、外からの刺激に弱くなっています。美白成分には刺激の強いものが多いため、美白化粧品により肌トラブルを招く恐れがあります。

美白効果だけに注目して選んでしまうと、思わぬ肌トラブルを招く危険性があります。

乾燥肌の方も敏感な肌であることを考慮に入れて、美白化粧品選びをしましょう。

低刺激で高い効果が期待できる美白化粧品を探しているのなら、ディセンシアサエルがおすすめです。

ディセンシアは敏感肌の方向けの化粧品となっているため、その美白ラインであるサエルは安全性の高い美白化粧品となっています。

肌のバリア機能を回復させながら美白できるようになっているため、効果についても期待が持てます。

乾燥肌の方はトラブルを起こしやすいですが、ディセンシアサエルは炎症などのトラブルを回復させ肌のバリア機能を強化しながら美白ができますので安心です。

ホワイトニングクリームの成分と美白効果

ディセンシアサエルの中でも特筆の商品がこちらのホワイトニングクリームです。

このクリームはは、肌の内側から透明感を導いてくれます。

有効成分はアスコビル酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2Kです。

ムラサキシキブエキス、コウキエキス、アシルセラミドを配合しています。

ムラサキシキブエキスは高い抗酸化力があり、酸化による肌機能の低下を抑えてくれます。

コウキエキスは抗炎症作用があり、敏感肌特有の過剰なメラニンの生成や炎症を抑制してくれます。

アシルセラミドは皮膚内の水分を保持し、角層を潤し整えてくれます。

ディセンシアサエルのホワイトニングクリームは高い保湿効果だけでなく、美白効果もあります。

ディセンシア特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェールR」により肌を膜で覆って外部刺激を防ぎ、アシルセラミドが肌を整えてくれます。

肌の内側からじっくり美白をしてくれます。

肌が酸化をすると肌が白くなるのを邪魔してしまいます。

肌の酸化防止に有効な成分を含むことで、肌の酸化をブロックし白い肌を作っています。

独自のウォータリーキャッチ処方で、ホワイトニングクリームに含む水分量をアップさせています。

クリームでありながら、瑞々しいテクスチャーで新感覚の商品です。

スーッと伸びるので、肌の奥まで届きます。

肌に優しい成分で出来ているので、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

ディセンシアだけの独自の技術を使い保湿だけでなく美白効果も高いので、幅広い年代の方に人気がある商品です。

トップへ戻る⇒ サエルの口コミは?

敏感肌の人の日焼け止めはサエルのホワイト CCクリームがイイ

紫外線が強い日
日焼け止めの上手な使い方としては、日常とレジャーで使い分けるということがあげられます。

いつでもどこに行くときも、SPFやPAが最高値の日焼け止めを使う必要はない。

と皮膚科医の先生はおっしいます。

日焼け止めも数値が高くなると肌への刺激が強くなりますので、肌トラブルの原因となってしまいます。

通勤や買い物など日常生活では、そこまで数値の高い日焼け止めは必要が無いでしょう。

行楽や外にいる時間が長い場合など、「紫外線が強い」「紫外線に当たる時間が長い」など、本当に日焼けが気になる時にSPF・PAの数値の高い日焼け止めを使うようにして、日焼け止めを使い分けることですこしでも肌の負担を軽くしてあげるのも、敏感肌には大事なことです。

日焼けを防げても、日焼け止めのせいで肌トラブルが増えてしまっては、元も子もなくなってしまいます。

敏感肌用の日焼け止め

日焼け止めを上手に使うために、美白化粧品は敏感肌用のものを選ぶというのも方法のひとつです。

 

SPF50+・PA++++のUVカット性能でありながら敏感肌でも安心して使えるサエル ホワイト CCクリーム クリアリストディセンシアサエルのホワイト CCクリーム クリアリストなら、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル処方なのにSPF50+、PA++++というUVカット性能を持っています。

「外部刺激ブロック」「くすみの3原色ケア」「保湿効果」「化粧下地」「薄化粧効果」「紫外線カット」「環境ストレスカット」というCCクリーム1本で7役の万能クリームなのです。

敏感肌に優しいうえに数値も高いですから、安心して使うことができます。

内容量 25mg

価格 4860円(税込)

 

サエル ホワイト CCクリーム クリアリストのお試し1回分サエルトライアルセットには、1回分のホワイト CCクリーム クリアリストがついてきます。

この機会に、敏感肌用美白化粧品のお試しセットで、肌をいたわりながら美白を目指してみてはいかがでしょうか?

その他にディセンシアサエルでは、サエル ホワイト デイミルク クリアリストという製品もあります。

独自の特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール」で外部刺激をブロックしてくれますし、ディセンシアオリジナル処方であるハイスピードメラノリターン処方で美白効果も期待できます。

紫外線吸収剤フリーで、気になるシミやくすみを隠しワントーン明るい透明感を引き出してくれる化粧下地となっています。

こちらはSPF28 PA+++と数値を抑えて肌により優しくなっていて日常使える日焼け止め効果のある美容ミルクです。
肌に優しい美白化粧品の日焼け止めを上手に選んで、肌を労わりながら上手に紫外線から守るようにしましょう。

サエルの口コミは?へ戻る