敏感肌の人は美白に興味があっても美白化粧品が使えない!

敏感肌で美白化粧品に興味がある人の悩みで多いのが

美白化粧品は成分が強いから肌がピリピリして使えない。

美白化粧品を使っても美白効果が感じにくい、または効果が感じられない。

色々と悩みはあるでしょうが、美白に関しての悩みで言うとこの2つが多いのではないでしょうか?
敏感肌用美白のサエルの公式サイトへ

ピリピリするのはどうして?

肌がピリピリするのはどうしてでしょうか?

敏感肌の人の肌表面 角質層の状態が影響しているのです。

敏感肌は健康的な肌に比べ外部刺激が内部に入りやすく炎症を起こしやすい敏感肌は健康的な肌に比べ、角質層が荒れており、本来ならバリア機能を発揮するはずの角質層がスカスカなためバリア機能が低下してしまいます。

そのために花粉やハウスダスト、紫外線などの外部刺激が肌内部に浸透して、炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こしているので、そこに少しでも刺激があるものが入るとピリピリしてしまうんですね。

擦り傷を作った時は、水に濡らすのもヒリヒリするからイヤですよね。

肌表面が擦り傷のように角質層がササクレだって炎症を起こしている状態のところに、刺激のある美白化粧品をぬったら・・・!?

それはピリピリしますよね。

美白の効果が感じられないのはどうして?

ではなぜ美白化粧品の効果が感じられないのでしょうか?

敏感肌は肌表面は角層が荒れているため、外部刺激が肌内部に入りやすいとお話しましたね。

外部刺激の中には紫外線も含まれています。健康な肌でさえ紫外線を浴びるとシワやシミの原因になりますよね。

敏感肌と健康肌のバリア機能の違い

敏感肌のバリア機能が低下した荒れた角質層から紫外線が肌内部に浸透してしまいます。その結果、炎症を繰り返すことでメラニンが過剰に生成されてしまうのです。メラニンが過剰に出来たことによって、シミやしわができやすくなってしまうのです。

また角質層が荒れていることで、皮膚内部にある水分も蒸発してしまい、乾燥が進むので決めが荒れてしまい、肌の透明感も薄れてしまいます。それによって肌がくすんでしまいます。

シミが定着し、シワが肌表面にたくさんできることで影もできやすく、その上透明感も薄れてくすんでしまうので、いくら美白成分を入れても追いつかないのです。

敏感肌はどうすれば良いの?

 

穴の空いたバケツには水はたまらないのです。

まずは荒れた角質層では、肌は潤わないのです。

敏感肌も乾燥肌もどちらも角質層の乾燥が大きな原因と言われています。

荒れた角質層の低下したバリア機能を本来の力が発揮できる、潤いのある正常な角質層に整えることから始めるのです。

サエルはどうなの?

サエルは敏感肌専用ブランドディセンシアシリーズなので安心です。

まずは荒れた角層を保護するため、ディセンシアのオリジナル特許技術のヴァイタサイクルヴェールという技術を使い角層に膜を張ります。

ヴァイタサイクルヴェール

ディセンシアの特許技術ヴァイタサイクルヴェール

ヴァイタサイクルヴェールで角質表面に膜を貼ります。食品が乾燥しないようにラップするのと同じ感覚です。

ベールをすることで、荒れた角質層を外気に触れないように保護します。
外気に触れないので、外部刺激を受けにくくなります。
また、角層に膜が張られているので、内部の潤いも逃げずに肌内部にとどまります。

炎症を抑えるために、抗酸化・抗炎症効果を発揮する成分

コウキエキス・ムラサキシキブエキス
コウキエキスやムラサキシキブエキスで炎症や酸化を抑制し、過剰なメラニンの産生を止め、美白成分の効く肌の土台を作ります。

このようにして角質層を修復し、ターンオーバーが正常に働くように整えていきます。

ここでやっと美白成分が効くようになるのです。

ポーラ研究所のオリジナル成分

美白成分のアルブチンや、エスクレシドというポーラ研究所のオリジナル成分や、ビタミンC誘導体でシミのない美白肌を手に入れるのです。

これもサエル特有のすごい技術が使われているんです。

良く春先に鼻炎の薬のCMで

レセプターブロック

ッて聞いたことないですか?

鼻炎などの原因物質が細胞の鍵穴にすっぽり入ることで炎症が起きるんですが、その鍵穴に入る前に有効成分がその鍵穴に先回りして、炎症を抑えるってやつ。

それと同じようなことがメラニンでも起きています。

メラニンが出来ないようにエスクレシドとアルブチンでブロックメラニンは、チロシンとチロシナーゼが合体することで黒い色をしたメラニンになります。

そこでポーラ研究所オリジナル成分のエスクレシドをチロシナーゼと合体する前にチロシンと合体させてしまうため、メラニンが生成されないんです。アルブチンはチロシナーゼと合体しチロシンを寄せ付けないためにメラニンが生成されません。

今度は、ビタミンC誘導体が黒くなってしまったメラニンを白いチロシンとチロシナーゼの状態に戻すのです。

このようにディセンシアのサエルは、敏感肌を正常な状態に整え、 敏感肌に負担がないようにターンオーバーの周期に合わせて、美白を実現していくのです。

ハイドロキノンなどを使った無理のある美白とはチョット違うと思いませんか?

植物由来の成分を使っているので、安心な気がしませんか?

敏感肌用美白のサエルの公式サイトへ